相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続き、遺留分、遺産分割協議について

相続税の税務調査について把握しておきましょう。遺言書作成、相続手続き、遺留分、遺産分割協議を理解しましょう。

忘れた事に相続税の税務調査が来る

いつ頃に相続税の税務調査が来るのか気になっている人も多い様ですが、相続税の税務調査が来るのは申告を行ってから数年以内という場合が多く、忘れた頃にやって来るという事もある様です。

いきなり人が家に押しかけてくるのではなくて、相続税の税務調査は事前に連絡があるそうです。

相続税の税務調査において申告漏れが発覚するケースというのは非常に多い様ですので、念には念を入れて確認をする様にしたいですね。

相続税の税務調査における所要時間については早い場合であれば、その日の午前中に開始してその日中に終了する事もあるみたいですね。来たらどうしようと恐れるのではなく、いつ来てもいい様な状態にしておく事が何より重要でしょう。

相続手続きの不備や意図的な相続税逃れの指摘による追徴課税は大きな負担となりますので注意してください。

いつでも相続を相談できる司法書士

平日は仕事をしているので、休日しか休みがなく相続の相談を司法書士に持ち掛けたいけれど、実際にはなかなか難しいと感じている人もいるのではないでしょうか。

近頃では、司法書士事務所も利用しやすい様に夜間の営業や土日の営業を行っている事もあります。休みの間を利用して相続の相談をしたいですね。自分の時間をゆっくりと取れる時に司法書士に事務所を訪れるのもいいでしょう。

相続については重要な問題ですので、焦って行うのではなく、じっくり着手したいですね。

いつでも相続を相談できる司法書士は多忙なサラリーマンにとってありがたいですね。相続について司法書士に相談するなら事前予約を必要とする事もあります。

相続人同士の遺産相続トラブルを避けるために

相続人同士の遺産相続トラブルは何もテレビドラマの中だけの話ではなく、現実にも起こり得ることです。 遺産相続における無用なトラブルを避けるためにも生前の元気なうちに遺言書を残しておくことをお勧めします。

とはいえ遺言書を有効に残すにはいくつかハードルがあり、記載方法を誤ると無効になってしまう可能性もあります。また、「遺留分」と呼ばれる相続人に認められている遺産を最低限の割合相続できるという権利も存在し、これを侵害する内容の遺言を残してしまうとかえって遺族が負担を強いられ、トラブルの原因になってしまう可能性もあります。これらのことから作成を検討する際には専門家に相談することが一番でしょう。 

http://emergentanthropologies.net/ 終活のための葬儀場選び

相続手続きも対応可能な弁護士の業務

資産を所有する方が亡くなった際など、遺産相続手続きが発生した場合において、残された家族の間では、自分達で解決させなければならない大きな課題となってしまいます。スムーズに解決させるためには、定められた手順に沿った手続きが必要であり、弁護士への相談が行われることもあります。

金銭の分配が伴う遺産を巡る手続きについては、どうしてもトラブルへ発展しかねない問題として挙げられるものの、定められた期間内で手続きを済ませなければならないといった決まり事も多く存在しており、正しい知識や情報を取り入れることも重要です。

相続手続きは早めに終われるようにしましょう

手続き全てに期限がある相続手続きですが、忙しかったりして期限内に完了することが出来ない場合などあります。相続税の手続きでは、期限後申告書を作成し提出することで、期限後でも手続きをすることが可能です。

手続き自体にはペナルティが発生しませんが、期限が過ぎた分の延滞税は払う必要があります。延滞税は逃れることが出来ませんので、手続きを遅れて申請する場合には、税理士に相談をして延滞税を少しでも減らすようにしてください。相続手続きはペナルティ-が発生する場合もありますので、手続きが発生した場合には速やかに行うようにしてください。

相続手続きを弁護士にお願いしたら何をしてくれるの?

相続手続きを弁護士さんに依頼したのであれば一体どこからどこまで面倒を見てくれるのでしょうか?大体ここからここまでがパックになっていますよというのが定番です。そのパックに含まれている内容としては①公的書類の収集代行②相続関係図の作成③遺産分割協議書の作成④金融機関の名義変更などです。

どれも自分達でもできる内容ではありますが一からやろうとすると時間も手間もかかるようなものばかりです。また遺産の中に不動産関係が含まれている場合には特にお願いしてしまった方がいいと思います。不動産関係は非常に手続きが厄介なのです。

遺産分割協議の経過を記録しよう

遺産分割協議をするにあたり、話し合いの経過をしっかりと記録することによって、それぞれの主張の内容をきちんとまとめることができます。 最近では、遺産分割協議の期間の長さについて興味を示す人が増えてきており、いざという時に備えて、法律の専門家からのアドバイスを受けることがとてもおすすめです。

また、遺産分割協議の経過について早期に解決したいことがある場合には、法律関係の資格を有するプロのスタッフが在籍している法律事務所にお世話になることがコツとして挙げられます。 その他、実際に遺産相続を行った人の感想をチェックすることがとても有効です。

遺産分割協議に納得できない場合の対応策

遺産分割協議はスムーズに相続人全員が納得して結論を出すのが最も良いのですが、中にはそうならず、話し合いがこじれるようなケースもあります。 そういった場合の対応策としてはやはり弁護士に相談するのが一番良いでしょう。

そもそもの話をすれば遺産分割協議は法律に則って行われるべきことであり、かつその結果として相続人全員に利害関係が生じるデリケートな問題です。 そういった問題を個人間の交渉でまとめるのが難しいのは当然の話ですから、弁護士が最初に草案を作り、各相続人の意見を聞きいれながら最終的な遺産分割を決定するというのが最も無難な方法です。 もし今後被相続人になりそうな場合には、事前に弁護士などに相談・協力してもらって遺言書を作るなどしておくと良いでしょう。

遺産分割協議による相続人の確定について

もし遺産分割協議する人の中に未成年がいた場合には本人が協議に参加しなければならないのでしょうか?未成年に、成人の中に混じって協議しろというのは実際問題非常に難しい問題です。そういった際には法廷代理人が代わりに遺産分割協議に参加することになります。

(ほとんどの場合はその子の両親である)難しいのは旦那さんが亡くなった場合にはお母さんにも協議に参加する義務があり、子供の代理人にはなれないため、その場合には特別代理人といった人をたてなければなりません。このあたりの仕組みは相続に関する法律が多く関わってくるため非常に難しいです。わからないことがあれば専門家に聞いてみましょう。

遺産相続の権利と被相続人の兄弟姉妹

遺産の相続に関して勘違いしやすいのは、被相続人の兄弟姉妹にも相続の権利があるのではないかと考えてしまうことです。でも、実際には、被相続人の配偶者や子供・孫・親に遺産相続の権利はあっても、被相続人の兄弟姉妹には遺産相続の権利はないのです。

もっとも、被相続人に配偶者や子供・孫・親がいなかった場合には、被相続人の兄弟や姉妹には遺産相続の権利が生じることはあります。また、被相続人の遺言書によって、被相続人の兄弟や姉妹が相続人として指定されている場合にも、被相続人の兄弟や姉妹に相続の権利が生じることはあります。

分けられた遺留分は意外と少ないかも

最低限の保証が行われている遺留分ですが、残される遺産によっては額が小さく、そこまでの金額になりません。多くの金額をもらえると思っていたら、ぜんぜん違う金額だったと思うこともあります。これは分割される割合がそこまで大きくないからで、少しでも多くしたいと思うなら遺言書などの記載が必要になります。

本来残されている最低限の数字は、そんなに大きいものではないのです。大きいものと勘違いしないように、そして小さいからこそ使いみちには注意してください。残されている遺産が多い場合、それは大きい場合もあると思っていいです。

遺留分で疑問に思ったらまずは弁護士にご相談ください。

遺留分についての説明

遺産の相続をするときには、法定相続人が法定相続分に従って遺産を受け継ぐのが基本です。しかし、遺言や贈与があると、法定相続人であっても遺産を受け取れなくなることがあります。

そのようなときには遺留分を主張すれば、法定相続人は法律に則って最低限遺産を取得することが出来ます。遺言書を作成する場合は、これらも考慮しなければなりません。せっかく遺言書作成しても相続人の遺留分を侵害していた場合、不服を唱えられると遺言の内容どおりに相続させることができません。相続人同士の後々のトラブルを防ぐためにも、遺言書作成は慎重に行いましょう。

相続人のための遺留分

遺言書作成で気をつける遺留分は、兄弟姉妹以外の相続人が取得できる相続財産の割合を指していて、最低限の取得できる遺産のことです。これは、遺言でも侵害できないものです。

遺産の処分については、被相続人自身の意思を尊重しなければならないので、遺言や贈与によって財産を処分することを認めています。しかし、全く遺産を貰えないとなると、家族の生活が立ちいかなくなる場合もあることから、法律で認められました。遺留分を請求するためには、侵害された人の主張が必要になります。相続人が遺産の金額について文句を言わなければ、不利な内容の遺言書だったとしても有効になってしまうのです。

遺言書作成時に守りたい遺留分

さまざまな人がいますが、最近では自分で遺言書作成をするような人も増えているようです。そのような人においては、自分だけで遺言書を作成するような人も多いようです。そうなってくると心配になるのが、遺言書に不備やミスなどがないかの点です。

そのようなものがあった場合にはせっかく遺言書作成をおこなっていても、無効にされてしまうようなケースは結構あります。そのようなことがないように、しっかりと専門家や法律家らのレクチャーを受けることが大切でしょう。特に遺留分や内容などについてはしっかりと確認してもらうようにしましょう。

遺言書作成時に気にしないといけない遺留分

遺言書作成をする際においては、はじめての場合には専門家や法律家の助言を得ながら作成していくのが良いでしょう。遺言書を作成するにあたっては、わかりやすい書籍などがありますので気軽に作成できるようになりました。

しかしながら、ミスなどをしてしまったら、それだけで遺言書が無効になってしまう可能性があるからです。そのようなことを考えると自分だけで遺言書を作成するのは避けるべきでしょう。特に遺留分や遺言書の書き方、方式などさまざまな約束事項がありますので、そのようなことを参考にした上で、間違いのないように作成をしていかなければいけません。

相続争いをなくす遺言書作成

遺産相続で、相続人同士が争うことを未然に防ぐ意味でも、遺言書作成は必要不可欠です。遺言書というと、書き方がわからず難しいイメージがありますが、司法書士に依頼することで書き方や内容のアドバイスを受けられます。

また、記載する内容についての調査や文案の提案も、依頼者の意見を参考に行ってくれます。初めて遺言書を作成する方にとっては、必要な情報や記載する内容を教えてくれます。それに、相談は無料で作成する費用だけで完成するという、良心的な事務所もありますので、ぜひとも悩んでいる方は、これらを活用してみましょう。

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

メニュー

遺産分割協議 遺言書作成 遺留分 遺産相続手続き