相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺言書作成のポイント

遺言書は相続を円満な状態で行うために必要なものですが、遺言書作成にはいくつかポイントがあります。作成時には相続人が後で苦労することがないよう、負債も含め現在の資産状況を把握し財産目録を作ることです。

また、戸籍を確認し誰が自分の相続人にあたるか確認しておくことも大切です。遺言書に全ての事柄を記載するのは難しいため、別に手紙を用意しどんな考えで取り決めたのか記しておくと後のトラブルを回避しやすくなります。自分が生きているときに遺言書が見つかってしまうと、その後の関係が悪化する可能性もあるため保管場所の検討に不安がある場合は、貸金庫を利用するのも良いでしょう。

遺言書作成に必要な専門知識

遺言書作成で重要なのは、法的に効力のある形式で作られていることです。公証人役場で作成する公正証書遺言は、専門家と相談し永田立ち合いの上で作成するので、書式などの問題が起こるケースはほとんどありません。

ただし、自筆証書遺言の場合は、弁護士などの確認を受けておかないと法的効力が発揮されない場合もあるので注意しましょう。署名の仕方や捺印、日付など基本的なことですが、間違える人が多いのも現実です。作成までは自身で行っても、最終確認には専門的な知識を有する人のサポートがあると自分の意思を家族に残すことができます。

遺言書作成は本人がするわけではない

遺言書作成は、厳密に述べると全てを本人が行うわけではありません。実際に、亡くなった人が遺言をしていたとしても、それが本当に本人のしたものかを証明することが出来なければ、相続における法律的な効果を付与することができなくなります。

具体的には、遺言書を作成するときにそれを作成したと証明できる人物がそばに居なくてはいけません。基本的には弁護士や医師になりますが、こうした人たちが側にいて法律的な効果のある遺言書であることにサインをしておく必要があります。そのため、家族のために何らかの言葉を遺したい人は相応の準備をしておかなくてはならないのです。

遺言書作成の専門家について

遺言書作成は従来、弁護士に依頼することが多いですが、現在は司法書士や行政書士も積極的に業務を行っています。司法書士は、遺産に不動産を載せたいときに、しっかり特定したうえで作成することになるので不動産が含まれる遺言書を作成したい場合は一番適しています。

そして、遺留分を侵害する場合など、争いがおこることが予想される遺言書の内容になるならば、弁護士に依頼するのが賢明です。行政書士は、他の専門家と比べると費用が安いです。ですので、気軽に作成を依頼することができます。遺言書作成は複雑な業務ではなく、また各専門家によって対応業務の差は開きません。

遺言書作成の正しい方法

財産相続等、自分の死後に周りの家族が困ることがないように作成するのが遺言書です。しかし、一口に遺言書作成と言っても、自己流で作成した遺言書には法的な拘束力が無くなってしまうことも多いので、必ず法律に沿った手続きで行わなければなりません。

自分で遺言書を書く場合の注意事項は何でしょうか。自分で遺言書を作成する場合は、パソコン等は使用せず、必ず自筆で書く必要があります。また、日付も「一月吉日」等の表現は無効となりますので、何日であるのかを記入しなければなりません。さらに、最後に署名と捺印をします。捺印に使用するのは、できれば実印が望ましいでしょう。

遺言書作成の手順や考え方

残念ながら、人は必ず死を迎えます。これは、早い遅い関係なく揺るがない事実です。人は亡くなったら後に生きている人に意志を伝えることができません。ですから、生きている内に、亡くなった後の意志を伝える為にも遺言書作成はとても重要なことを考えます。

しかしながら、遺言書を作成するのにはどうすればよいのか、作成する手順や誰かに頼む必要があるのか解からないと思いますので、ご説明したいと思います。種類としは、公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言などの遺言書があります。遺言書を作成するのにどれがご自分に適当なのか等もご説明できれば思います。

大阪で遺言書作成は遺産相続トラブルを相談

遺留分、遺産分割協議、遺言書作成について