相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺言書がない場合の相続相談について

遺言書がない場合でも相続相談は可能です。大阪や神戸でも相続相談が可能な法律事務所がいくつかあります。 こちらの地域の法律事務所では遺言書がない場合でも法律に基づいて適切に処理します。相続人が複数いる場合には全ての相続人から意見を聞くので、トラブルになることはまずありません。ほとんどありませんが、万が一裁判になった時のことも想定して書類を作成するので、そのような点でも安心です。

専門家に支払う費用ですが、500000円から1000000円程度かかりますが、分割払いにも対応してもらえるので、支払い費用も安心です。

未成年の相続相談について

未成年の方も、相続について疑問が生じることは有ります。そういった場合は、相続相談をすると良いでしょう。未成年だからといって、法律事務所を利用することができないわけではありません。場合によっては法定代理人の同意が必要なこともあり得ますが、普通に相談をすることができます。

相続相談をするにあたっては、具体的に事務所を探さなくてはなりませんが、ポータルサイトを活用すれば簡単に検索することができます。地名で絞り込めますし、該当分野についても同様です。したがって、大阪や神戸で相続相談をしている事務所を容易に見つけられます。

生前の相続相談について

相続相談は、相続財産を引き継いだ相続人によるものが多いのですが、中には生前に所有する財産をどのように相続させるのかという『財産を遺す側の相談』も少なくありません。自分の死後、なるべく子どもたちに相続トラブルを味あわせたくない人が多く相続相談に訪れるのです。

大阪や神戸などの大都市でもこの傾向が見られます。主に遺言の作成方法や内容についての問い合わせが多くみられます。また、なるべく税金がかからない方法での財産贈与を考えている人による財産贈与に関する相談も多いのです。このように、生前の相続相談はなるべく相続人となる配偶者や子供たちのために行われるものとなっています。

遺言書作成の方法や種類

身内・相続人がいない場合や、親族以外の人間に遺産を遺贈したい場合は、遺言書作成をすることをおすすめします。基本的に、故人の財産は親族あるいは国庫に帰属することになるため、それを避けたいなら遺言書にその旨を記載しておく必要があります。

遺言書作成の方法は複数あり、それぞれ特徴や費用が異なります。自筆証書遺言は最も低費用で作成できる遺言書ですが、定められた方法で書かないと無効になってしまいます。依頼者から要望を受けた公証人が作成する公正証書遺言は、無効・偽造のおそれがなく、確実に作成できますが、その分費用は高いです。

正しく行いたい遺言書作成

遺言書作成には複数の方式が存在しており、法律に基づいた作成方法に従わなければ有効なものになりません。遺言書には大きく2種類の作成方法に分かれており、通常の日常生活の中で遺言としての意思表示をしたい場合、普通方式遺言の方式に基づいた遺言書の作成を行うことが必要とされます。

また普通方式遺言の中にも、自筆証書遺言と公正証書遺言、そして秘密証書遺言の3種類が存在するのが特徴です。自分で作成するだけでなく、公証人に作成してもらって公証役場で保管をしてもらうもの、公証人や証人の立ち合いが必要となるものなどが挙げられます。

遺言書作成は必ず行いましょう

亡くなった方が、残された家族に残せる最後のメッセージが遺言書です。遺言書作成があるか無いかで残された家族の今後が、左右されるといっても過言ではありません。遺言書はとても細かいルールがあり、1つでも抜けていれば無効になってしまいます。

せっかく遺言書作成をしても、無効になってしまっては、元も子もないので遺言書を書いたら、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は、ルールを細かくチェックしてくれますし、話しをすることでニュアンスを伝えることが出来るので、このように書いた方が伝わりやすいなどを、アドバイスしてくれます。

相続税と税務調査と相続相談について