相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続き、遺留分、遺産分割協議について

相続税の税務調査について把握しておきましょう。遺言書作成、相続手続き、遺留分、遺産分割協議を理解しましょう。

遺留分についての知識

遺留分は遺産の相続人が最低限相続できる財産のことであり、民法第千二十八条で定められています。遺産の相続は基本的には遺言書に書かれている分配を最優先にされますが、民法第千二十八条では配偶者、子供、父母らが最低限相続することができる割合を保証しています。

もし遺言書に第三者に遺産をすべて相続すると書かれていても、配偶者や子供などがその第三者に遺留分減殺請求を行うことで最低限の遺産を相続することが可能です。この請求の期限は相続開始または自分が自分に相続の権利があると知った日場合は1年、自分に相続の権利があることが知らなかった場合は10年とされています。

遺留分など決められた内容に沿った問題解決

遺産相続の手続きが発生した際、配偶者や子ども、両親などへの分配が確保されている遺留分をはじめ、遺産相続に関する要素には様々な事柄が挙げられます。定められている法律に沿った対応を進めようとする場合、弁護士や関連機関への相談を進めるなど、正しい情報や知識が取り入れられる状況をつくり出すことも重要です。

また、遺言書の有無や相続人の人数などによって手続き方法も異なり、家族同士での大きなトラブルへと発展しないよう適切に対処したい問題でもあります。迅速な問題解決を目指すことで、大きなストレスを抱え込まずに済ませられます。

遺留分に関する注意点について

遺産相続の問題が発生した際、注意しておきたい事柄に遺留分の制度があります。亡くなった本人の配偶者や子ども、両親に対して、受け取るべき遺産の最低限度が保証される内容であり、兄弟や姉妹は対象として含まれていません。

その他にも、様々な制度が存在しており、遺言書の有無や相続対象者の人数など、あらゆる要素において定められている制度と見比べながら適切な対処を行うことが必要とされています。法律の定めに沿った解決を目指すためには、弁護士への相談や、裁判所の介入が必要とされることもあり、速やかな問題解決へと繋げられます。

細かく対処したい遺留分の制度

遺産相続の問題に伴って意識される事柄には、遺留分も含まれています。資産を持つ方が亡くなった際、配偶者や子ども、両親に対して、最低限の遺産が分配されるよう保証された制度であり、兄弟や姉妹の方が相続対象として指定できない点が特徴となっています。

兄弟や姉妹として正当な権利を主張したいなら、別に設けられている制度を活用することが必要となってきて、詳細まで定められた対処をおこなわなければいけません。正しい情報や知識を知っておくためにも、弁護士などの専門家に相談がおこなわれることも多いです。トラブルなく問題解決を目指すことにも有効です。

遺留分の希望を確認しておこう

希望している人がどれくらいいるのか、そして分割することになる人数を確認するために、まずは人数確認から実施しておきます。遺留分は、遺産に関連している部分となりますから、当然確認する要素は多くなってしまいます。ある程度安心して分割できる状況にしておかないと、大きな失敗も当然生まれてくるでしょう。

分割している人数によって、かなり変わっていくのは事実ですから、これから考えていく場合には人数を知っておくといいでしょう。かなり多いとわかっているなら、分割される遺留分は最低限の数字に調整しながら考えていきます。

遺留分、遺産分割協議、遺言書作成について

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所、法律事務所があります。