相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続き、遺留分、遺産分割協議について

相続税の税務調査について把握しておきましょう。遺言書作成、相続手続き、遺留分、遺産分割協議を理解しましょう。

遺留分の訴訟にも費用がかかる

訴訟というのは、当然費用を支払って行っているものですから、費用を払わないで行っていくなんて方法は用意されていません。絶対に支払うこととなる傾向にありますから、遺留分を取り戻したいと思っても払う必要があります。一応受け取った金額から支払えるサービスも用意されますが、これは確実に回収できることがわかっていないと使えません。

回収できるかわからないような遺留分の場合は、使えない可能性が高まってきますので、できない場合は前払いで行ってください。支払う金額が多くなっていくと、裁判も大掛かりと判断できると思います。

遺留分の内容を知って学ぶ

遺留分は、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続するはずだった遺産が、遺言書などによって侵害され、受け取れない状態のときに、最低限の遺産を保証する制度です。例えば、被相続人が遺言書の内容に、相続人以外の第三者に、遺産を渡すと記載していたとき、遺言書の内容には従わなければいけません。

ですが、相続するはずだった遺産を、受け取れない相続人は、これについて遺留分滅殺請求を行うことができます。これを行うことにより、裁判所にて遺産相続権について協議されますが、必ず全ての遺産が手元に戻ってくると限らないので注意しましょう。

遺留分の請求は早めの手続きを

遺留分の請求に期日があるのをご存知でしょうか。民法では、遺産相続手続きや遺留分の請求へ、期日が設けられています。遺贈があったことを知ってから1年、相続開始の時から10年と言われています。この請求をするのは、相続手続きにおいて、一番トラブルになりやすい部分です。

ですので、自分で請求することもできますが、専門家に依頼するのが穏便に済ませられるでしょう。また、専門家に依頼するメリットは、この請求において裁判となりかねないからです。こうなってしまうと、専門知識が豊富な弁護士に依頼して解決してもらうのが一番でしょう。

遺留分侵害のトラブルを未然に防ぐ為にも対策を考えましょう

あなたが自分の死後、相続において誰に何を与えたいかを遺言により指定することができます。遺言作成にあたり、専門家などに依頼すると必ず遺留分を侵害しないようにとアドバイスを受けると思います。この遺留分は、兄弟姉妹を除く、法定相続人所謂、配偶者、親、子などに最低限民法で保障された取り分となります。

いかに、自分の財産を好きなように指定しても侵害することができないのです。では、侵害しないように配分したとしても財産状況で難しい場合などがあります。資産の多くが不動産や、事業財産、自社株などの場合です。そういった場合にトラブルが後々起らないように対策をする必要があります。

遺留分を知っていると後悔しない

法律上で相続人に対して確保されている最小限の相続財産を遺留分と言います。遺言書の有無に関わらず保証されていますが、相続が自動的に認められている訳ではなく、手続きをしないと遺留分は相続できないので、請求をしないといけないことになっています。

請求期限も設けられているので、手続きは早めにしておくことです。亡くなった方の配偶者と子供と父母だけが請求できるようになっています。亡くなった方に愛人がいて、愛人と亡くなった方の子供がいるのであれば、子供にも相続することできます。亡くなった方の兄弟は、相続する権利はないので、知っておくと便利だと思います。

遺留分、遺産分割協議、遺言書作成について

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成に関する事柄以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は専門の弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士事務所、法律事務所があります。