相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺留分の割合について

一般的に、遺言状があれば遺産相続は遺言状に記載された内容に従って分割されるイメージがありますが、法定相続人の権利を害する、つまり、ある特定の人のみに遺産を渡すといったケースにおいては、最低限の遺産を受取ることができる権利というものが民法で保証されています。

これを遺留分といいます。その遺留分の割合はきちんと決まっています。まず対象となるのは、配偶者、子供、直系尊属であり、兄弟姉妹や叔父、叔母といった人は含まれていません。具体的な割合ですが、相続人が直系尊属のみの場合は相続財産の3分の1を該当する人数で分け、それ以外の場合は相続財産の2分の1を該当する人数で分けることになります。例えば、配偶者のみの場合は相続財産の2分の1を受取ることになります。子供のみの場合は相続財産の2分の1を人数に応じて均等に分け合うことになります。子供が一人ならば2分の1、2人の場合は4分の1ずつ、3人の場合は6分の1ずつという風になります。

配偶者と子供がいる場合は、まず配偶者が相続財産の2分の1の半分を、子供は残りの半分を人数に応じて分け合うことになります。直系尊属、つまり親の場合は相続財産の3分の1を、両親ともに健在の場合はその半分ずつということになります。そして、配偶者と直系尊属がいる場合は、配偶者は相続財産の2分の1の3分の2を、直系尊属は2分の1の3分の1を受け取り、両親健在の場合はその半分ずつということになります。

遺留分が保証されている人は?

遺産相続において遺留分が保証されている人は、法定相続人です。配偶者がいるなら、配偶者は必ず法定相続人になります。子供がいるなら、子供も第一順位の法定相続人になります。配偶者と子供がいる場合には、配偶者と子供が半分ずつの割合で財産を相続します。

第二順位は親、第三順位は兄弟姉妹になります。しかし、遺留分の権利を持っているのは第二順位までであり、第三順位の兄弟姉妹にはこの権利がありません。 法定相続分というのはあくまで法律によって決められた目安ですので、遺言がある場合には、その遺言に従って財産が分けられます。例えば、遺言によって親にすべての財産が譲り渡されたとします。そうなると、財産を相続できると信じていた配偶者と子供が不利益を被る可能性があります。

2000万円の財産があったなら、配偶者が1000万円、子供が1000万円受け取れるはずでした。しかし、遺言があって2000万円すべてが親に譲渡されたとします。その時、配偶者と子供は遺留分の権利を主張して、それぞれ500万円ずつを取り戻すことができます。法定相続人が本来受け取れるはずだった財産の半分もしくは3分の1(相続人が直系尊属のみの場合)は法律によって保証されています。

遺留分の請求の仕方について

遺留分の請求をかける際には遺留分減殺請求という方法を取ります。こちらは後からでも自分が受け取るはずだった遺産の請求をかけるというものになります。こちらには「必ずこうしなさい」という決まった手順があるわけではなく、また必ずしも裁判所を通さなければならないということもありません。

請求をしたいという人が、遺産を相続した人に請求をかければそれで話が進んで行く場合もあります。ただし問題が起きた時には最終的に裁判所を通すこともあり、こうなってしまった場合には後々に残す証拠として、内容証明郵便を使うのが一般的です。

遺留分減殺請求について

遺留分減殺請求は、自分親族が亡くなった時には念のため知っておきたい制度です。どういった制度かというと遺留分の一種ですが、後からでも遺産を相続した人に本来自分が受け取るはずだった遺産の金額を請求できるというものです。

例え自分に遺産が貰えることを知らなかったとしても気がついた習慣に請求することができるのです。もしあなたが親族の遺産をあてに学費などを考えていた時に、遺言書に他の人に全て譲るとなってしまったら困りますよね。そういった時に持ち出されるのがこちらの制度になります。注意するべき点は何点かありますが非常に重宝される制度です。

遺留分を詳しく知るべき理由について

遺産相続の問題における遺留分は、遺言書の内容などによって法廷相続人としての相続取得権利が失われないよう定められている制度です。配偶者や子ども、両親に対して適用され、兄弟や姉妹が対象として含まれない事が特徴です。

兄弟や姉妹の方に対しては、別途定められた制度も存在しており、相続関係も一番遠くにある事から、手続きの方法や対策が異なります。相続手続きに関しては、制度の内容や法律の事情を正しく把握した上で、適切に対処される事が望ましいとされています。弁護士や司法書士の手助けを借りる事も、有効的な方法です。

遺産相続に関する遺留分の意味

遺産の相続に関する問題の解決は、相続人となる家族などにとって大きな課題となることがあります。定められた期限内で正しい手順に沿った手続きが必要でもあり、また相続人が複数存在している場合などにおいては、遺産分配の方法を巡って大きなトラブルに発展してしまうケースも多く見られます。

できるだけ速やかに解決させるためには、様々な制度を把握しておくことも需要です。また遺言書の内容によっては相続人の権利が侵害されることもあり、遺留分と呼ばれる最低限の権利取得の確保によって、より適正な遺産相続が分け与えられます。