相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺産分割協議書には正確性が必要

遺産分割協議とは、誰かが亡くなった時にその人の残した財産をどのような分配で相続するかを、相続人全員の意志で決めることです。正当な遺言書が存在する場合はそれに従えばよいのですが、遺言書がない場合は、遺産分割協議をして遺産分割協議書を作成する必要が出てきます。

亡くなった方名義の預貯金を引き出すにも、土地の名義変更をするにも必要となる、とても大切な書類です。この書類制作に正確性が欠けると、いろいろなトラブルの原因になります。悲しいトラブルを未然に防ぐためにも、ミスのない書類を製作する必要があります。それを防ぐためにも、弁護士や行政書士などの専門家に相談するのが良いでしょう。

遺産分割協議で決めた償金が未払にならないために

遺産について、有効な遺言書がある場合は比較的トラブルもなく、相続分が決まります。けれども、遺言書がない、あるいは遺言書の内容によっては、遺産分割協議で相続分を決定することになります。

その際、不動産や現金などをどのように分けるかという問題が出てきます。例えば不動産がある場合、共有にしたり、あるいは相続人のうちの一人がその不動産を相続し、他の相続人には償金を払うという方法をとることもあります。その内容を遺産分割協議書に書いておくわけですが、実際には償金が支払われない、約束の期限を過ぎたのに未払のままであるというトラブルもあるのです。

そのような場合に、法的な支払い請求をすることも可能です。話し合いでも解決できない場合は、支払われるべきものを裁判で請求していくわけですが、あらかじめそのようなことのないように、まずは有効な遺産分割協議書を作成する際に弁護士に相談することも選択肢のひとつです。

木造住宅が遺産の時も遺産分割協議でトラブル回避

亡くなられた方の遺産をどのように分配するのかを話し合うことを、遺産分割協議といいます。遺言書などがきちんと存在する場合は必要ないのですが、急な死亡時など、遺産相続はトラブルのもとになりがちです。

金銭などは分配しやすいのですが、大きな木造住宅などの不動産が主な遺産の場合、結構問題が出てきます。遺族が実際に生活をしている不動産の場合、処分をして分配するというのは避けたい問題です。そういう場合も遺産相続人全員の意思が一致するように遺産分割協議をする必要があります。欠陥のない遺産分割協議書を製作して、トラブルを未然に防ぎましょう。

遺産分割協議は再度協議可能?

遺産分割協議後、やはり納得がいかなかったからやりなおしをしたいと誰かが希望を出したら、その希望は通ってやり直しをする必要があるのでしょうか?基本的にはやり直しは認められていません。

しかし①発見できなかった遺産があった②誰も知らない隠し財産があった③新たに財産が発見されたといった場合には、やり直しが認められていることもあります。こちらは状況によりけりになりますので、大前提としては認められないということを頭に入れておいて下さい。もし納得がいかないのであれば協議が終わる前に言いだすべきです。納得がいくまで捺印をしてはいけません。

遺産分割協議を弁護士に依頼する利点

遺産分割協議は法律で定められている親族の間で行われる遺産をどのように分配するのかという協議のことで、主に遺言書が残されていなかった場合に行われるものです。この際に親族の間だけで話を進めていくこともできますが、通常からそんなに接点がない親族がいるのであれば間に弁護士など専門家に入ってもらうことをオススメします。

なぜかというと、親族というのは他人ではありません。その分言い方や内容に容赦がないことがあります。そのせいで揉め頃やトラブルに発展してしまうことも非常に多いです。しかしそこで第三者が入ってくれることによってギスギスをした雰囲気が緩和されると言う利点があります。

遺産分割協議における取り決めについて

相続の取り決めをおこなう場合、不動産の分与などがある時には、どのように遺産を受け取るかという話し合いをおこない、通常の場合は遺産分割協議書に押印することとなります。

しかしながら、内容を忘れてしまったり、押印した覚えがない人もいます。遺産分割協議書は、どの遺産を相続されたかの証明になりますので、証明書として重要なものになってきます。

あとあと忘れることのないように、しっかりと認識しておこなうことが重要です。又、しっかりと手続きをおこなうためには、専門である機関や弁護士に依頼し、進めていくことが重要になります。