相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

早すぎる事はない遺言書の作成

まだこの年齢だから大丈夫だろう、と遺言書の作成を後回しにしている人もいるのではないでしょうか。遺言書の作成はいつまでに行わないといけない、という決まりはないので、また今度という事になってしまいがちです。

しかし、遺言書の作成は早すぎるという事はないだろうと思われます。遺言書の作成を早く行っておけば、後は不安に思う事もありません。残される家族の事について不安に思う必要もなく過ごせます。

一度、遺言書作成を行っても、後から内容に修正を加える事もできます。ですので、後で気が変わったらどうしようという事で心配する必要はありません。やはり、自分が元気な間に行っておくという事が求められます。

遺言書作成の情報について

自分が遺言書作成の際にどの様な内容を記載したかという事は、自分だけが把握している場合もありますが、自分の他にも証人が必要になる遺言書作成においては、証人が把握する事になります。

証人が他の人に情報漏えいをするという可能性も考えられます。遺言書作成の際に記載した内容を秘密にしたい、他に漏らされたくないという場合には、証人を必要としない方法で遺言書作成を行うという事もできます。

しかし、秘密にしても、相続人が勝手に書き換えをするという可能性も否定はできないかと思います。また、遺言書作成をする際に下書きやメモをするなどした場合には、ゴミから家族に知られるという可能性も考えられます。

遺言書作成は自分で筆記して行う

遺言書作成には、公正証書遺言など、第三者が作成にかかわるものもありますが、一般的に用いられるものは、自筆証書遺言です。これは、遺言書を筆記で作成し、署名、押印をしたものです。

ポイントは、自筆でなければならないという点です。パソコンやワープロ印字は、たとえ自分で入力していたとしても、筆跡が明らかにならないので認められていません。また、押印がなければ、いくらそのほかの要件が整っていたとしても、有効な遺言書とはならないので注意を要します。そのほか、遺留分を侵害する内容であった場合も、その限りで効果が発生しないので注意してください。

遺言書作成していくことについて

遺言書作成を決めたのであれば、まずは作成してみることをおすすめします。遺言書を作成していくにあたって、インターネットなどを参考にすることもできますし、遺言書キットや書籍を購入し参考するのもいいでしょう。

しかしながら、遺言書においては無効になってしまったり、相続人同士のトラブルになってしまうケースもありますので、自身だけで作成するのではなく、遺産相続を専門とする弁護士事務所や、専門の機関に相談してみることです。インターネットで検索を行なえば、そのような機関が無数に出てきますのでその中から見極めて、決めていくことをおすすめします。

遺言書作成をしたいなら

自分の死後、家族以外に遺産相続させたい意向があるなら、遺言書作成をしておく必要があります。記述は法律に従い、念のため司法書士などの専門家に相談するのが一番です。というのは、記述方法に誤りがあると、遺言書自体が無効になってしまうからです。

遺言書で気を付けるべきは、遺留分の存在です。いくら他人に遺産相続させたいと遺言書にあっても、遺留分があるために遺言書の文言が完全に認められる訳ではないのです。遺留分は、家を継ぐ子や配偶者、直系卑属に保証されています。また、自分の意向を生前より家族に話しておくと、遺産の相続手続きで問題が起こらないようにすることもできます。

遺言書作成を作成するメリット

もしあなたに子供や配偶者がいて、そろそろ自分の将来のことなどを考えているのであれば、まずは遺言書作成に取り掛かってみてはいかがでしょうか?最近では遺言書を正式な形で残すような家庭も少なくなってきましたが、やはりないよりはあった方がいいのです。

一体どのような点でいいのかというと、残された人達の無駄な争いを減らすことができるという点が一つ挙げられます。もし遺言書がなかった場合には遺産分割協議を行う必要があるのですがこちらは相続する権利を持っている人全員で話さなければなりません。改めて全員揃って話をする機会を設けること自体も難しいです。

自分で遺言書作成時のポイント

自分で遺言書作成をするのが費用的にも抑えることができますし、自分の意見をそのまま伝えることができるのでいいです。しかし自分で遺言書作成をする場合にはその書類の書き方にはきちんとした決まりがあります。

まず全ての文字が自筆であることです。どこか一部でもワープロ文字が入っていたらその遺言書は無効になります。また書面のどこかに作成した日付を入れることと、署名をすることも忘れてはいけません。こちらどちらを忘れてもそれは正式な遺言書認められないので、自分で作成しようとする時には本当に間違っていないか確認しながら作成する必要があります。

遺言書作成には種類がある

遺言書作成についてはその書き方について種類があるのをご存じでしょうか?よくドラマなどで見るのは自分で遺言書を作成する自筆遺言書と呼ばれるものです。この他に公証人が自分の代わりに、内容を記載してくれる公証遺言書と呼ばれるもの、また誰にも遺言書の存在を知られたくない人が取り入れる秘密遺言書があります。

この中で一般的に使用される頻度が高い順番に並べるとすれば秘密遺言書< 公証遺言書< 秘密遺言書です。秘密遺言書に関しては誰かに自分の財産の行方を教えるという遺言書本来の役目からかなり離れてしまっているので、ほとんど作る人はいないと言われています。