相続税の税務調査ガイド 相続税お尋ね、遺言書作成、相続手続きについて

相続税の税務調査について把握しておきましょう。

遺言書作成にはさまざまな自由がある

遺言書とは、遺言者の意志を尊重するためにあるものですから、遺言書作成にあたっては、遺言者にさまざまな自由が保証されています。まず、遺言書を作成するもしないも遺言者の自由です。

また、作成した遺言書をいつでも書き換えたり、破棄したりできます。遺言書では、遺言者の最終遺志が尊重されます。内容も、なにをどう書いてもかまいません。法律に抵触する内容については、その部分だけ無効とされます。遺言書に書いた財産などを、生前に自分で違った形に処分してもいっこうにかまいません。生前の行動は、遺言書に制限されることは一切ありません。

遺言書作成を終えた後について

たとえ遺言書作成が完成しても、安心する事はできないと思います。というのも遺言書作成ができても保管をきちんとできていない場合には、知らない間に処分したりする恐れも考えられるからです。

遺言書作成を終えた後の保管についてですが、自筆の遺言書作成の場合には自分で責任を持って保管しないといけません。しかし、公正証書遺言において遺言書作成を行った場合には、公証役場が原本を保管する事になります。

ですので、万が一自分が紛失する様な事が発生したとしても安心ですね。物の管理が苦手な人など、保管について自信がないという人は、公正証書遺言を選んでおくといいかもしれませんね。また改変される可能性もないでしょう。

遺言書作成のメリット

自分の死後、自分の資産が希望通りに分け与えられるようにするために遺言書作成をするのは大切なことです。これがないことで遺族間でのトラブルが起こるのは少なくありません。遺言書作成には法的に決められている条件のもとしっかりと自分で作成することが大切です。

弁護士などのプロに相談することも良い方法です。そして、それが自分の死後にきちんと実行されるように弁護士や信頼できる知人などに保管をお願いしておくことも必要です。自分が愛する家族たちが自分の資産によってトラブルなどを起こさないように自分の責任として遺言書を作成するのはとても重要な事です。

手軽にできる遺言書作成

遺言書作成しようと思った事はありますか?昨今の日本においては、生活のスタイルが多様化されていますので、従来では考えていなかった事態などが発生する可能性があります。万が一に備えて遺言書を作ることで、残された家族や親族が救われる事態があるかも知れませんので、遺言書を作成することをおすすめします。

遺言書の考え方や作成の仕方などわからない場合は、市販で販売されています遺言書のキットや書籍などを参考にしてもいいでしょう。まずは作成してみることが大切で、そのあとに専門の機関などに相談することをおすすめします。

遺言書作成の際注意すべきこと

遺された遺族が財産分与などで後々揉めないように、また本当にお世話になった人に報いたいなどの思いがある場合は遺言書を遺すべきです。しかし、ただ書けば良いというものではありません。遺言書作成のルールが細かく決められています。

まず、自筆で書く場合、ワープロなどで打ってはいけません。自筆が必須です。全文を自筆で書き、署名捺印をしますが、日付をはっきりと入れることも忘れないようにします。吉日、などはっきりしない日付だと遺言書そのものが無効になります。書き遺した遺言書は、信用できる第三者に託すことも大切です。無くしてしまったり、最初に見つけた人が不都合に感じ、捨ててしまう可能性だってあります。

遺言書作成における注意点について

資産を持つ方が遺言書作成を行う事で、死後に残された家族など、遺産の相続人の間でトラブルが発生するという事態を防ぐことが可能となります。正しく作成された遺言書は、遺産相続の手続きの際に重要な存在となるものの、万が一、作成方法や記載内容に不備があった場合には、遺言書としての効力が発揮されず、無効となってしまうこともあります。

また、どのような相手へ遺産として引き継ぎたいか、さらに遺産の内容についての指定がある場合にも、唯一の意思表示としての手段でもあります。遺言書の作成方法は複数に分かれており、正しく把握しておきたいものです。

遺留分、遺産分割協議、遺言書作成について